1. 小さな結婚式 >
  2. 先輩カップルの挙式レポート >
  3. 入場シーンの素敵な意味

先輩カップルの挙式レポート 全国の小さな結婚式で挙式、またはフォトウェディングを叶えた先輩カップルの様子をレポートします!

こんにちは!

小さな結婚式 千葉海浜幕張相談カウンターです。

今回は挙式の大事なシーンの一つである入場シーンについてお話します。

意外と知らない方も多いのですが、実は入場シーンにはたくさんの素敵な意味があるんです♡

まずは“バージンロード”!

バージンロード(またはウエディングロード)は花嫁の人生を表しています。また、チャペルの扉は花嫁の誕生を意味しているのです。

チャペルの扉が開きます。

よくこのシーンではお母様による“ベールダウン”が行われます。

このベールダウンにもきちんと意味があるのです。

ウェディングベールには、邪悪なものから花嫁を守るといわれています。

新婦のお母様がベールをおろすことは、大切に育ててきた娘を送り出す最後の身支度で、「いってらっしゃい」の意味が込められています。

続いてお父様と腕を組み、花嫁の人生を表す“バージンロード”を歩いていきます。

幼い頃から大きくなるまでの想い出を振り返って、一歩一歩大事にゆっくりとお進みいただきます。

その進んだ先に待っているのが新郎様。

お父様から新郎様へバトンタッチが行われます。 「これから娘をよろしくお願いします。幸せにしてください。」という意味を込めます。




新郎様と一緒に歩き出します。これから先の未来を表しています。

そしてこの後のセレモニーで永遠の愛を誓っていくのです。

 



 

 

どうでしょうか?

この意味を知っているか知らないかで、入場時の気持ちは全く変わってきます。

ぜひ新郎新婦様、そして親御様には知っていてもらいたいです。

 

今回掲載しているお写真は「ホテルグリーンタワー幕張」で挙式をされた様子です。

こちらのチャペルのバージンロードには真っ白な花びらが敷き詰められています。

本格的な石造りにもなっていて、その幻想的な空間にうっとり。

バージンロードも長いため、入場のシーンをしっかり味わえます。

 

大切な入場シーン…。

会場選びのポイントとして考えて頂くのも一つだと思います。

 

また、結婚式には他にもいろいろな意味が隠れています。

それは次の機会にお話したいと思います☆

 

挙式レポート

ホテルグリーンタワー幕張チャペル

お二人の挙式を担当した挙式会場

ホテルグリーンタワー幕張チャペル

店舗ページはこちら

ページトップへ

  1. 小さな結婚式 >
  2. 先輩カップルの挙式レポート >
  3. 入場シーンの素敵な意味

ページトップへ